第45回(令和4年度)「日税研究賞」授賞者

「日税研究賞」授賞者は以下の通りです。
同一入選位内においては氏名の五十音順です。所属は執筆もしくは公表当時に準じます。

研究者の部

該当者なし

税理士の部

<入 選> 1点

川上 悠季(名古屋税理士会)
現物出資が行われた場合の消費税の課税標準に関する一考察

<選考委員会賞> 1点

吉田 實男(近畿税理士会)
日本の税制(古代篇)―人はこうして税を納めてきた―

実務家の部

<入 選> 1点

高橋 隼人(国家公務員)
移転価格税制における関連者間債務保証取引について―保証料率の独立企業間価格を中心として―

一般の部

<選考委員会賞> 1点

北村 仁(東京大学大学生)
通貨発行益と中央銀行自己資本の財政法的構造

授賞論文のうち≪未公表論文≫を収録した入選論文集を頒布しております。
詳しくは、出版物「日税研究賞『入選論文集』」をご覧ください。

ページトップへ

この商品を削除します。よろしいですか?