機関誌「税研」

機関誌「税研」 108号  Vol.18 No.5

在庫 : 

内容 財産評価の動向と課題
発刊年月 2003年03月20日
定価 1,100円
賛助会員価格(特別会員) 770円
賛助会員価格(特別会員以外) 880円

賛助会員は、当センター出版物の電子書籍サービス(PDF)をご利用いただけます。

  • ※賛助会員の方は、会員向け電子書籍サービスもご利用いただけます。また、出版物を割引または 無料でご利用いただけます。

    賛助会員について

内容

特集:財産評価の動向と課題

取引相場のない株式の評価の動向―改正商法による種類株式を中心に 緑川正博
財産評価の問題―アメリカとドイツ 渋谷雅弘
土地税制と土地評価―資産デフレ期における対応 中里昌弘
特定同族会社株式の評価減の特例と事業承継―この特例を事業承継税制の中核に 品川芳宣
改正商法における現物出資等の財産の価格証明制度 村田英幸

パ―ソン

税制と税務訴訟の課題-相続税改革、納税者勝訴の増加 三木義一

時流

繰越欠損金への課税上の対応 武田昌輔

税制・税務トレンド

公認会計士法の改正と税理士 宮口定雄

税制展望

消費税増税の発射準備 佐野正人

税務解説即答3問

資本等の金額がマイナスの場合の清算所得 
適格合併における兼務特定役員の引継ぎ 
税理士賠償保険の収入等について 

ガイダンス

「デフレ下の法人課税改革」(中里実著) 岩﨑政明

特別企画:金融取引をめぐる最近の課税問題

外国法人の資産の運用・保有による所得とデリバティブ 中里実

事例研究

「資本金を1億円以下とするための無償減資と譲渡損失」 武田昌輔

判決の緒―税理士 春香 の事件簿

補佐人・パラリーガルの登場 三木義一

ケ―ス・スタディ税理士のための法律学講座

遺留分減殺請求と相続税の課税価格 垂井英夫/藤曲武美/小久保崇
「附帯税の事例研究(第三版)」(品川芳宣著) 大江晋也

フォ―カス

ストックオプション権利行使利益の所得の種類 品川芳宣

コンシャス

税理士の出廷陳述権の法的性格と選任手続 菅納敏恭

税務実例検討Q&A

「所得税法施行令第165条第2項第2号の括弧書きについて(他に職業を有する者は専従者に該当しない。但し上記括弧書きに該当すれば認められる)」 
「営利法人への遺贈及びその放棄について」 
「子会社開発費用を親会社が負担する負担金の取扱いについて」 

ページトップへ

この商品を削除します。よろしいですか?