機関誌「税研」

機関誌「税研」 202号  Vol.34 No.4

在庫 : 

数量 : 

カートに追加する

内容 取引相場のない株式の評価の現状とあり方
発刊年月 2018年11月20日
定価 1,430円
賛助会員価格(特別会員) 1,000円
賛助会員価格(特別会員以外) 1,140円

賛助会員は、当センター出版物の電子書籍サービス(PDF)をご利用いただけます。

  • ※賛助会員の方は、会員向け電子書籍サービスもご利用いただけます。また、出版物を割引または 無料でご利用いただけます。

    賛助会員について

内容

特集:取引相場のない株式の評価の現状とあり方

平成29年度改正(平成29年4月27日通達)の評価と実務への影響 松岡章夫
土地等、家屋等及び確実な債務の評価方法 川口幸彦
土地保有特定会社等の特殊な評価方法 大畑智宏
種類株式の評価方法―議決権の視点から― 垂井英夫
評価方法についての提言―事業承継の円滑化の観点から― 塩野入文雄
評価方法についての提言―企業価値の観点から― 弥永真生

CURRENT ISSUE―識者に聞く

ギャンブル収益の課税 髙橋祐介/菅納敏恭

時流

租税と社会保険料 神野直彦

税制・税務トレンド

マイナンバー再考 上西左大信

税制展望

寄付の原点が問われるふるさと納税 野坂雅一

税務解説即答3問

法人税法第22条の2第1項と同法第22条第4項の関係 他 

論壇

訴訟代理人の評釈は“犬の遠吠えか?”―実務家から学者への提言― 山本洋一郎

特別寄稿

ICO発行者側の会計処理及び税務処理の検討 田口安克

事例研究

事例1 未だ支給を受けていない補助金を試験研究費の額から控除すべきかどうか/事例2 転貸物件についていわゆる逆さやが生ずる場合の税務問題 上松公雄

税務の知識シリーズ(第2回)

事業年度に係る法務と税務 上西左大信

JTRI INFORMATION

金子宏東京大学名誉教授が文化勲章受章 編集部

わが会の税制改正意見

相続税の課税方式を遺産取得課税方式とすること 親谷順子/吉田智子(中国会)
限定承認に係るみなし譲渡課税を見直すこと 酒井啓司/佐久間一郎(四国会)

TAINS推薦判例

デンソー事件/タックスヘイブン対策税制 海外子会社の所得の帰属 他 朝倉洋子

FOCUS

「空室」が多くなると貸家・貸家建付地の価額が上昇 品川芳宣

学会レポート

日本税法学会第108回大会・総会 井上むつき

Small Article

司法判断にみる公正処理基準―裁判例分析を敷衍して― 東条美和

日税研究賞受賞論文から

所得税法56条についての一考察―女性の社会進出に係る政府の取組を踏まえて― 清水亮

実例検討

実例1.破産した個人事業者が不動産を任意売却した場合の申告所得税、消費税の確定申告について 『東京税理士界』「会員相談室」
実例2.取引相場のない株式の評価上、賃借建物の内装設備を純資産価額に計上すべきか 『東京税理士界』「会員相談室」
実例3.未分割遺産を換価したことによる譲渡所得の申告 『東京税理士界』「会員相談室」
実例4.市街地山林を純山林として評価する場合について(近隣純山林価額比準方式) 『千葉県税理士界』「会員相談室からのお知らせ」
実例5.建物賃貸借契約の解除に伴う原状回復費用に係る消費税の課非区分 『千葉県税理士界』「会員相談室からのお知らせ」

ページトップへ

この商品を削除します。よろしいですか?