第19回(平成8年度)「日税研究賞」授賞者

「日税研究賞」授賞者は以下の通りです。
同一入選位内においては氏名の五十音順です。所属は執筆もしくは公表当時に準じます。

研究者の部

<特別賞> 2点

駒宮史博(大学助教授)
オプション取引と課税(ジュリストNO.1080,1081、H7.12)

林宏昭(大学助教授)
租税政策の計量分析-家計間・地域間の負担分配-(日本評論社、H7.1)

税理士の部

<入 選> 2点

大島恒彦(東京税理士会)
ファイナンス・リースの二面性を考える

岡田隆(東京税理士会)
多重課税と課税の真空地帯-納税者側から見た国際課税の現状と今後-

<特別賞> 1点

南部二三雄(近畿税理士会)
フランスの租税手続法-納税者保護規定を中心として-(税務事例、H7.7)

実務家の部

<入 選> 1点

竹之内茂(公認会計士)
域内市場統合後のEU付加価値税

一般の部の部

<入 選> 1点

中川淳(前常勤監査役)
金融・証券税制の課題と今後の方向-株式等のキャピタル・ゲイン課税を中心として-

授賞論文のうち≪未公表論文≫を収録した入選論文集を頒布しております。
詳しくは、出版物「日税研究賞『入選論文集』」をご覧ください。

ページトップへ

この商品を削除します。よろしいですか?