第3回(昭和54年度)「日税研究賞」授賞者

「日税研究賞」授賞者は以下の通りです。
同一入選位内においては氏名の五十音順です。所属は執筆もしくは公表当時に準じます。

研究者の部

該当者なし

税理士の部

<奨励賞> 2点

黒木貞彦(中国税理士会)
給与所得の必要経費控除について-わが国における実額控除制度採用方法の具体的提案-

二見 明(東京税理士会)
戦後租税史年表

実務家の部

<入 選> 1点

藤田良一(税務大学校教授)
所得税法上の資産損失制度に関する一考察

<奨励賞> 1点

西野敞雄(国税庁長官官房会計課長補佐)
世論調査にみる納税者意識の動向-「納税者の反乱」と「歳出の反乱」を中心にして-

一般の部の部

該当者なし

授賞論文のうち≪未公表論文≫を収録した入選論文集を頒布しております。
詳しくは、出版物「日税研究賞『入選論文集』」をご覧ください。

ページトップへ

この商品を削除します。よろしいですか?