第2回(昭和53年度)「日税研究賞」授賞者

「日税研究賞」授賞者は以下の通りです。
同一入選位内においては氏名の五十音順です。所属は執筆もしくは公表当時に準じます。

研究者の部

<奨励賞> 3点

牛嶋 正(名古屋市立大教授)
租税体系論

福家俊朗(日本大学助教授)
イギリス租税法研究序説-租税制定法主義と租税回避をめぐる法的問題の解決

吉牟田勲(税務大学校教授)
法人税、所得税の二重課税調整度合の計算方式試論

税理士の部

<奨励賞> 1点

寺川正雄(大阪合同会)
法人税における論理演算と数理演算に関する情報理論的研究

実務家の部

<入 選> 2点

斎藤 稔(税務大学校研究部長)
税務行政と共同体

山田有人(公認会計士)
米国における移転価格調査の実態から観た移転価格税制の具体的対応策について

<奨励賞> 1点

村松 圭(京橋税務署副署長)
破産法にいう財団債権とされる租税の範囲について

一般の部の部

<優秀賞> 1点

倉本勝也(大学生)
銀行取引と付加価値税

<入 選> 1点

気賀健司(大学生)
支出税の実行性とその検証

授賞論文のうち≪未公表論文≫を収録した入選論文集を頒布しております。
詳しくは、出版物「日税研究賞『入選論文集』」をご覧ください。

ページトップへ

この商品を削除します。よろしいですか?