第7回(昭和58年度)「日税研究賞」授賞者

「日税研究賞」授賞者は以下の通りです。
同一入選位内においては氏名の五十音順です。所属は執筆もしくは公表当時に準じます。

研究者の部

<入 選> 1点

中里 実(一橋大学助手)
企業課税における課税所得算定の法的構造

税理士の部

<奨励賞> 2点

林 省三(東京税理士会)
精選実例・等価交換税務

林 真義(東海税理士会)
有価証券売買の所得区分試論-判例を中心とする-

実務家の部

<奨励賞> 1点

右山昌一郎・大原誠三郎(東京税理士会・弁護士)
税務を生かす基本規程・契約書式全集

一般の部の部

該当者なし

授賞論文のうち≪未公表論文≫を収録した入選論文集を頒布しております。
詳しくは、出版物「日税研究賞『入選論文集』」をご覧ください。

ページトップへ

この商品を削除します。よろしいですか?