第28回(平成17年度)「日税研究賞」授賞者

「日税研究賞」授賞者は以下の通りです。
同一入選位内においては氏名の五十音順です。所属は執筆もしくは公表当時に準じます。

研究者の部

<優秀賞> 1点

泉純平(大学院生)
遺留分減殺請求をめぐる課税問題の研究

<入 選> 2点

関正春(大学院生)
著作権の減価償却制度の確立-デジタル時代の著作権の税務-

中村繁隆(大学院生)
課税繰延べ防止策の研究-FIFルールを主題として-

<奨励賞> 1点

川口真一(慶応大学大学院)
役員報酬と租税回避-株式公開企業と株式非公開企業の比較-(国際税制研究No13、H16.10)

税理士の部

<入 選> 3点

新村中(東京税理士会)
個人事業者の開業時期-税法と商法との交錯-

松崎為久(東京税理士会)
財産管理・承継制度における信託の新しい活用法と税務上の課題

山田正人(近畿税理士会)
国際電子商取引における所得課税-恒久的施設課税の問題点とそのあり方-

実務家の部

<奨励賞> 2点

大橋時昭(国家公務員)
相互協議を巡る諸問題-移転価格課税に係る協議を中心として-(税大論叢44、H16.6)

長坂光弘(国家公務員)
国際化に伴う滞納整理上の諸問題(税大論叢46、H16.6)

一般の部の部

<入 選> 3点

風岡範哉(会社員)
財産評価基本通達6項の現代的課題

田中良 (東京大学法学部)
帰属所得主義への移行の妥当性と必要性

吉井一洋、尾野功一、斎藤純(会社員)
金融所得課税一体化による損益通産の効果-損益通産の影響の試算-

授賞論文のうち≪未公表論文≫を収録した入選論文集を頒布しております。
詳しくは、出版物「日税研究賞『入選論文集』」をご覧ください。

ページトップへ

この商品を削除します。よろしいですか?