「税務事例研究」

「税務事例研究」 157号

在庫 : 

内容 課税要件法定主義を考える/共通報告基準(CRS)に基づく自動的情報交換(AEOI)をめぐる租税手続法に係る法的問題について-金融機関の過誤による法的責任と情報主体の権利保護を中心として-/遺贈と相続税
発刊年月 2017年05月20日
定価 0円
賛助会員価格(特別会員) 0円
賛助会員価格(特別会員以外) 0円

賛助会員は、当センター出版物の電子書籍サービス(PDF)をご利用いただけます。

  • ※賛助会員の方は、会員向け電子書籍サービスもご利用いただけます。また、出版物を割引または 無料でご利用いただけます。

    賛助会員について

内容

法人税

課税要件法定主義を考える 山本守之

所得税

共通報告基準(CRS)に基づく自動的情報交換(AEOI)をめぐる租税手続法に係る法的問題について-金融機関の過誤による法的責任と情報主体の権利保護を中心として- 武田涼子

資産税

遺贈と相続税 岩下忠吾

ページトップへ

この商品を削除します。よろしいですか?