「税務事例研究」

「税務事例研究」 180号

在庫 : 

内容 貸倒処理を検討する―租税法律主義の立場から―/取引相場のない株式の評価―財産評価基本通達に基づく評価法および清算課税説の再検討-最高裁令和2年3月24日判決[タキゲン事件]を中心に-/使用貸借と贈与税
発刊年月 2021年03月20日
定価 0円
賛助会員価格(特別会員) 0円
賛助会員価格(特別会員以外) 0円

賛助会員は、当センター出版物の電子書籍サービス(PDF)をご利用いただけます。

  • ※賛助会員の方は、会員向け電子書籍サービスもご利用いただけます。また、出版物を割引または 無料でご利用いただけます。

    賛助会員について

  • 直近1年の「税研」の“特集”及び「税務事例研究」はどなたでも閲覧できます。

    電子書籍ダウンロード[PDF]

内容

法人税

貸倒処理を検討する―租税法律主義の立場から― 山本守之

所得

取引相場のない株式の評価―財産評価基本通達に基づく評価法および清算課税説の再検討-最高裁令和2年3月24日判決[タキゲン事件]を中心に- 渡辺徹也

資産

使用貸借と贈与税 首藤重幸

ページトップへ

この商品を削除します。よろしいですか?